2021/09/21

転職活動前にこれだけは押さえておきたい介護士のビジネスマナー

介護現場の場合、実技研修はあっても、ビジネスマナーが置き去りにされてしまうことが

多く、しっかりと学ぶ機会がないまま過ごされている方も多いと伺います。

 

中途採用で異業界から入社された方からすると、配慮に欠けた対応にビックリ!という

場面もあるようです。転職活動で、ビジネスマナーが欠けていると、マイナスな印象を

与えてしまいますよね。

 

本日は、これだけは最低でも押さえておきたい介護士のビジネスマナーを紹介します。

知っているか、知らないかの違い。せっかく経験があるのに、マナーがなっていないから

という理由で不採用。とならない様に、ご自身のビジネスマナーを今一度チェックしていきましょう!

 

1.挨拶は自分から

当たり前のことと思いがちですが、自分からの挨拶をいつも心掛けていますか?

介護現場は、チームで仕事をする現場。良好な人間関係を築き、同僚と円滑に仕事を

進めていきましょう!お辞儀の角度は15度。背中を丸めず、腰から体を倒すよう心掛けましょう。

 

2.貴社、御社の違い

貴社書き言葉「履歴書、職務経歴書で使用」 御社話し言葉「面接で使用」

また、運営主体が病院であれば、貴院・御院。社会福祉法人であれば、貴法人・御法人 

と使い分けましょう。

 

3.ら抜き言葉

「ら抜き言葉」とは、本来「ら」を入れなくてはならない箇所に、「ら」が入っていない表現です。

×食べれる〇食べられる

×見れる〇みられる

×決めれる〇決められる

 

4.利用者様や上司に使うとマナー違反な言葉

×すみません。〇大変申し訳ございません。ありがとうございます。

×なるほど~。〇おっしゃる通りでございます。

×ご苦労様でした。〇お疲れ様でした。

×了解しました。〇承知いたしました。かしこまりました。

×しばらくぶりです。〇お久しぶりです。ご無沙汰しておりました。

×いつもお世話様です。〇いつもお世話になっております。

×ご一緒します。〇お供させていただきます。

×大変参考になりました。〇大変勉強になりました。

×できません。わかりません。〇いたしかねます。わかりかねます。

×~させていただいております。〇~しております。

「自分のすることが相手に良い影響を与えるとき」「相手の許可が必要なとき」にのみに使用。

 

 

5.二重敬語

二重敬語は間違えることがもっとも多い敬語表現です。すでに敬語である

言葉に別の敬語を重ねていることを指します。

(間違いやすい例)

×おっしゃられる通りだと思います

〇おっしゃる通りだと思います

【解説】

おっしゃるだけで尊敬語なので、「られる」をつけると二重敬語に。

また、おっしゃられました、ではなく、おっしゃいました、が正しい表現

 

×ご覧になられる

〇ご覧になる

【解説】

ご覧になるだけで尊敬語。尊敬語の「れる・られる」が重なっているため

二重敬語

 

いかがでしたでしょうか?

基本となる

正しい姿勢や言葉遣いで

好印象を与えましょう!

 

あしたの介護看護では

非公開求人を多数ご用意しています。

 

どんな求人が良いのか分からない!

書類の作成が分からない!

面接でどう答えればよいだろう

そもそも、転職すべきなのか?

 

あなたの疑問をアドバイザーが一緒に解決します。

まずはお気軽にご相談からお待ちしています。

 

 

【関連記事】

介護士が面接で好印象を獲得できる方法

福祉業界で採用される自己PRの仕方

介護士の面接対策10選