2021/08/30

介護職が転職する際の応募数の平均は?

お仕事をしながらの転職活動。なかなか時間を取るのも難しいですよね。

実際の所、皆さん転職活動でどれくらい応募をしているか気になりませんか?

介護士の転職活動での応募数はズバリ!

平均1~2件!!


意外と少ない?多い?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

応募数の数には理由があるのです。

 

理由①比較検討をするため
1施設だけではなく、他の候補先とメリット、デメリットを比較するため。

こちらを理由にされている方が1番多いです。

 

理由②入職したい時期にスケジュールを合わせるため
法人によっては面接回数が異なります。1週間程度で内定が出るところもあれば、

1カ月以上期間がかかる所まで様々です。

仕事を続けながらスケジュール調整に苦労する場面もある中で、入職したい月から逆算して複数選考を受けることも大切です。

 

理由③人気のある求人はすぐに定員が埋まるため
人気のある法人やエリアの求人は複数の応募者が集まります。入社者が決まれば

すぐに求人もなくなるため、早めに応募をする必要があります。

万が一不採用になった場合でも内定の持ち駒がなくならないように同時進行で

他法人の選考を受けておくべきです。

 

理由④希望条件を交渉しやすくするため
複数内定があった場合、両方を比較して給与面等の待遇条件の交渉がしやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか?

現職を続けながら転職活動を行っていくのは非常に大変な作業です。

現実的に受けられる法人数は限られてきます。

 

あしたの介護看護では

求人情報だけでは分からない法人の雰囲気をアドバザーより

お伝えします。効率的に後悔がない転職活動のために、

 

1度、アドバイザーに相談してみてくださいね。

【一緒によく読まれている記事】

登録ヘルパーとパートヘルパーの違い

介護職のよくある転職理由ベスト3!転職理由どう伝える?

福祉業界で採用される自己PRの仕方

 

あしたの介護看護では、

あなた専任のアドバイザーがサポート!

 

求人のご紹介~面接サポートまで一貫して

あなたの転職を伴走します。